長野県安曇野市 穂高の別荘


延べ床約32坪。採光を考えて南に面して間口を広く確保した、大きな屋根が
特徴です。室内はLDKがすべて南側に一列に並び、建物規模のわりには
ゆったり感じられます。無駄を省いた効率よい配置と資材の使い方に
建築主さんの暮らしのスタイルが垣間見えます。
                              設計・施工はこちら ⇒ 高松建築工房
 

トップへ戻る


フィンランドログハウスのスオミインターナショナル